満腹感サプリおすすめランキング@食欲抑制したい人必見

ダイエットフードで満腹感を得よう

 

体重をなんとか減らそうと張っている時は、多くの人が食べる量を減らすことに重きをおいていると思います。ですが、食べる量を減らしてしまうと、それはイコール空腹感が増すことになります。実のところ、食べる量を減らしてしまうということは間違いであり、そうではなく、空腹感を満たすことのできるボリューム感のある食べ物を食べたほうが良いようです。

 

例を挙げると、お米やオートミール、そしてじゃがいもや葉物野菜中心のサラダであれば、量に対してカロリーが低くなり、満腹感を長続きさせることができます。たくさん食べたとしても摂取するカロリー自体は抑えることができるでしょう。

 

その逆に、カロリーはとても高いのに満腹感が同長くは続かないという食べ物は、ジャンクフードに多いようです。例を挙げると、チョコバーのスニッカーズなんかはカロリーが非常に高いというのに、満腹感はそう長く続きません。1時間もするとまたお腹がすいてきます。半分ずつ食べるというのもアリかもしれませんが、空腹感をなんとかしたいのであれば、やはりカロリーが低いものをたっぷりと食べたほうが効果的ですね。カロリー配分をしっかり考え、満腹感を長い時間持続させて、またそれと同時に栄養もきちんと摂るのが大切です。

 

どんな食べ物を選べばいいかというと、「ローカロリー」という言葉に左右されず、食物繊維がたっぷり含まれ、ボリュームのある食べ物を選んでいくとよいでしょう。ブロッコリーや葉物野菜、じゃがいも、オートミール、お米、ヨーグルト、ベリー系の果物などがそれに該当します。

 

食後すぐに空腹感を感じるのは何故?

 

たった今食事が済んだばかりなのに、なぜか空腹感を覚えることがあります。もしくは、結構しっかり食べたはずなのにどうしても空腹感が収まらない、そんな経験もあります。そして、食べる前と比べてもっとお腹が減っているように感じることさえあるのです。こんな状態になる時は、低血糖になっている恐れがあります。このような低血糖の状態は、糖尿病によるものであったり、もしくは今後糖尿病につながっていく恐れがありますので充分に注意をしてください。

 

一般的に早食いというのは健康に良くないといわれていますよね。早食いは、肥満への近道です。どうしてそうなるかというと、食事を摂ったことで体内には栄養素が入ってくるのですが、身体がそれを感知して、必要な量まできたらストップをかけるという働きが間に合わなくなってしまうためなのです。身体が満腹だと感じてしまうより前に、次々食べ物を詰め込んでいってしまうと、本当ならばお腹いっぱいなはずなのに、そのことを脳は感じていないということになるのです。

 

これでは、ただ単に食べ過ぎにつながるだけであって、空腹感の未解消にすぎないのです。ある程度時間が過ぎると、次は急に「食べ過ぎてしまった」と言う感覚に襲われることでしょう。もうすでにカロリー過剰となっていますから、肥満には当然つながります。そして、肥満は糖尿病へもつながります。

 

お腹が減ってきたなぁという感覚は、お腹で感じているように思います。満腹になってしまい、これ以上食べられないという感覚もお腹で感じているように思えます。でも、実際は、このような感覚は脳から発せられているものになるのです。

 

食欲を抑えて痩せよう

 

秋の季節は食べ物がとにかく美味しく感じられますよね。そのためか、ついついたくさん食べ過ぎてしまうことも多いでしょう。なんとか食欲を抑えたいと思っても、どうにも抑えることのできない食欲に困ってしまうことも多いのではないでしょうか。そして、本当にお腹が空いているのならばともかく、ただ単に食べ始めたら止まらなくなったというのでは困ってしまいます。そんな場合は早急に食欲を止めてしまいたいですよね。そうしなければ、ドンドンと太ってしまうことになります。

 

そんなどうにも止まらない食欲はいったいどうやったら抑えることができるのでしょうか。食欲が止まらない原因の1つに、ニセモノの空腹感を感じてしまうということがあります。ついさっき食べたばかりだというのに、またすぐお腹が空いてしまうような時です。夏バテで消耗してしまった体力を回復するためや、これから訪れる寒い冬に備えて体温を一定に調節しようとしてエネルギーを蓄えるために食欲が増してしまうということもあるのです。

 

秋というのはどの食材もおいしいものばかりですよね。それゆえに、食べ始めるともう止まらない、そんな経験はきっと大勢の方があることでしょう。でもその空腹感、実はニセモノの空腹感かもしれませんよ。

 

では、ニセモノ空腹感の正体っていったい何なのでしょう。そもそも、空腹と空腹感というのは全く別物です。まだお腹の中には食べ物があるというのにお腹が空いてしまうのは、血糖値の影響によるものです。血液中の糖を分解吸収してくれているのがインスリンです。血液中の糖が急に増えてしまうとインスリンがたくさん分泌されてしまい、糖を処理するインスリンが働き過ぎてしまうと、血糖値が急に下降してしまい、空腹感を感じるのです。

 

満腹感が得られないのは何故

 

最近、若い人たちを中心にどんなに食べても満腹感が得られないという人たちが増殖しています。これはいろいろな方面から問題視されていて、過食症や拒食症のような摂食障害等、精神的な疾患とも関連性があるのではないかとささやかれています。満腹感がなかなか得られないからといってそのまま食べ続けてしまうと、いずれ肥満になってしまうことでしょう。また、糖尿病等の命に係わってくる重篤な疾患の原因となってしまう可能性もあります。どうしてたくさん食べているにも関わらず、満腹感を得ることができないのでしょうか。その原因がいったい何なのでしょうか。

 

その原因の中のひとつとして、ストレスがあります。ストレスがたくさん溜まってしまうと満腹感を感じなくなってしまうようです。そして、ついつい食べ過ぎてしまうようなのです。どうしてそうなるかというと、ストレスを感じた際、空腹の時にも分泌されるドーパミンというホルモンが同じように分泌されてしまうからのようです。ドーパミンが分泌されると、脳は錯覚を起こして、たとえ空腹でなかったとしても空腹感を感じるようになってしまうのです。ストレスのせいで食べ過ぎてしまうという人は、過食症になる原因となりますので充分注意が必要です。

 

過食症になってしまうと、食欲をコントロールすることができなくなってしまい、イライラした際にたくさん食べたくなります。たくさん食べて、食べた後には吐いてしまうような症状に陥ります。過食症は精神的な疾患といえます。これは、意外にも標準的な体型をもった人に多いようですね。

 

満腹中枢が崩壊しているって?

 

食事というのはその時必要な量を食べれば、自然とお腹はいっぱいになります。それは小さな子供から大人まで皆そうです。でも、今、この満腹感というものに素直に従うことのできない女性が急増しているのです。

 

いわゆるだらだらと食べ続けてしまう状態の人が増えているのです。これは満腹感とは無関係に食べ続けてしまう状態です。まるで満腹中枢が崩壊しているかのようですね。こういった状態がずっと続いてしまうと、空腹感をほとんど感じなくなり、その結果、体脂肪や体重も増加していってしまうのです。痩せたいという気持ちはあっても、こういった習慣が抜けないのであれば、ダイエットはなかなか成功しないでしょう。

 

子供が生まれて母親となると、子供の残した食べ物を勿体なく思ってしまい、ついついつまんで食べてしまうことが増えてきます。後片付けすることを考えても、できるだけお皿の上は空っぽな状態にしておきたいですからね。お皿の上に残ったものだけつまんでいるうちはいいのですが、お鍋の中に残ったものまでも食べてしまうようになってきます。こうなってしまうと、もはやお腹がいっぱいかどうかなんて関係ありません。

 

働いているのであれば、勤務時間中は食べ物を口にするということはほとんどありません。ちょっと小腹が空いたなぁと思った時に、飴を舐めたりする程度で済みます。だけど、専業主婦の場合は子供にずっと付きっ切りですから、いつ食べても基本的には自由です。

 

自分が食べてしまうと、子供も一緒に欲しがってしまうので、とりあえず我慢するという人もいるでしょう。でも、子供がお昼寝してしまったりしていれば、自由に食べることができますよね。また、幼稚園や学校へ行くようになれば、その間は自由になってしまいます!

 

野菜を食べて満腹感を得よう

 

ダイエットをしている最中、どうしても抑えることができないものがあります。それは、自分ではどうしようもない空腹感です。そんな時はどうしたらいいのでしょう。とりあえず、何か食べ物を食べてしまってお腹を大きく膨らませてあげると、お腹が鳴ってしまうのを止めることができます。

 

私たちの体は食欲を抑えるためのいろいろなペプチドとホルモンを分泌しています。受容器官の中には、機械的受容器といわれるものが胃腸にはあります。それは細胞組織を拡張してしまう他には、どんな分子であって活性化することはありません。それならば、どんな方法を使ったとしても、胃を膨張することさえできれば食欲は抑えられるのです。

 

腸内でかさばるカロリーの低い食品を食べるということは、もっと食べたいという衝動を抑制しながらも、カロリーの摂取量を制限できるとても良い方法であるといえます。

 

水分がたっぷり含まれた野菜というのは、食べた後にどんどんしぼんでいってしまいますが、水溶性繊維をたくさん含んでいる食べ物であれば、胃の中では「ゼリー状」となり、どんどん膨張していきます。セルロースをたっぷり含んでいる野菜、そして不消化炭水化物も同様に腸内で膨らみます。

 

このような状態にしていくにはどうしたらよいのでしょうか。それは、ブロッコリーやキャベツ、芽キャベツ、アスパラガス、コラードグリーン、ケール、カリフラワー等、ほぼゼロカロリーともいえる食品を食べて空腹を満たすことです。

 

こんなサプリもありますよ♪ 満腹感が出るサプリはこれ

 

ツボで血糖値を下げる

 

耳ツボダイエットという言葉を知っていますでしょうか。耳ツボを刺激することによってシェイプアップが出来るというものであり、これが糖尿病に効果があるという話もあります。ダイエットと糖尿病治療に関しては共通点が多く、この耳ツボを刺激するのも食欲が落ちる効果やむくみが取れる効果があると言われています。

 

ツボの位置については耳の一番上の内側の窪みの軟骨に挟まれている部分にある神門や、耳の穴の頬よりの入り口部分にある内分泌などになります。効果としては神門が精神安定があるので糖尿病の原因になるストレスにもいいです。さらに内分泌に関してはホルモンバランスを整える効果がありますのでインスリン分泌も調整されるといわれています。

 

ちなみにツボの刺激の仕方に関してですが、マッチ棒などを使って強めに刺激するというのがオススメになります。また、耳全体をマッサージするというのも有効になりますのでやってみてはいかがでしょうか。さらに親指の付け根の手の甲辺りに陽けいという糖尿病に効果のあるツボがありますのでこれによって血糖値コントロールに作用するといわれています。

 

ツボというのはあらゆるところに存在しており、あらゆる効果を期待することが出来ますが、効果には個人差がありますし、さらに即効性があるという訳ではありませんので、とにかく続けてみることをオススメします。また、ツボだけに頼らずに他の血糖値を下げる方法を試すことをオススメします。そこで試したい>>>血糖値を下げる飲み物は何がある?

 

更新履歴